ウルブスがクラブ史上最高額でヒメネスを獲得!その移籍金は?

今季大ブレイク中のメキシコ代表ストライカー

ラウール・ヒメネス現地時間4日、「ウルブス」ことウォルバーハンプトン・ワンダラーズは、昨夏にポルトガルのベンフィカから1シーズンの期限付きで獲得したラウール・ヒメネスを完全移籍で獲得したことを発表した。

初のプレミアリーグ挑戦となったメキシコ代表ストライカーは、先輩であるハビエル・エルナンデスの全盛期を彷彿とさせるような得点力で、ウォルバーハンプトン・ワンダラーズを牽引。

ここまで全公式戦37試合に出場して15ゴールをマークしており、昇格したてのクラブを7位に持ち上げる活躍っぷりだ。

さらには、マンチェスター・ユナイテッドとのFAカップ準々決勝でも貴重なゴールを奪い、4強進出の立役者となったヒメネス。

この活躍を受けて、完全移籍を決心したウォルバーハンプトン・ワンダラーズは、クラブ史上最高額となる移籍金3000万ポンド(約44億円)をベンフィカに支払うことになるそうだ。

晴れて、正式に「ウルブス」の一員となったラウール・ヒメネスは、ウォルバーハンプトン・ワンダラーズの公式ホームページでこのようにコメントしている。

「チームメイトとともにここでの時間を楽しんでいるし、全ての試合に勝利するために全力を尽くしている。ここに来てから本当にすべてが上手く行っている。良い時も、悪い時もあったけれど、とても幸せだ。僕はここでチームメイトたちと歴史を作りたいし、クラブをプレミアリーグの上位に返り咲かせたいと思う。僕個人としても、残りの試合でゴールを奪い続けたい。これが一番の目標だ」

加えて、ウルブスのスポーティングディレクターのケヴィン・テルウェル氏も、メキシコ代表ストライカーの今後の活躍に期待を寄せている。

「我々みんなはラウールがクラブの一員になることを喜んでいる。彼のアシストや献身性、そしてゴールは今シーズンの成功に欠かせない。彼との契約でクラブの野心を示すことができたと思う」

今季大ブレイク中のラウール・ヒメネスは、チームをヨーロッパリーグへと導くことができるだろうか…?

yama について

往年のイングランド・プレミアリーグの大ファンYAMAです!特に、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、レスター・シティ、トッテナム・ホットスパーの5チームがお気に入り!そんなイングランドサッカー大好きな僕が、プレミアリーグの最新のホットなニュースをおとどけ!プレミアリーグファンの人と一緒に盛り上げていきたいです!プレミアリーグ勢のチャンピオンズリーグの試合についても更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です