エリクセンにマンU、PSG、レアル等が熱視線 夏にスパーズ退団か?

複数のメガクラブがエリクセン獲得に名乗りか

エリクセンプレミアリーグ3位のトッテナム・ホットスパーの主軸であるクリスティアン・エリクセン(デンマーク代表)が、複数のビッグクラブから熱烈なラブコールを受けているようだ。

2013年の夏のマーケットでトッテナム・ホットスパーに加入したクリスティアン・エリクセン。

これまでトッテナムで公式戦250試合以上に出場し、替えの利かないレギュラー選手として扱われてきた。

また、今シーズンも好調を維持しており、ここまでプレミアリーグ19試合で4得点7アシストをマーク中。

さて、そんなデンマーク代表のスターだが、来シーズン限りでトッテナムとの契約が満期に達する。

一部報道では、トッテナムとクリスティアン・エリクセンが契約延長に向けて話し合いを進めているとされていたが、実際のところは大きな進展がない模様…。

スペインメディア『アス』によると、エリクソンと近しい関係にある人物が「彼を注視しているトップレベルのクラブを1つだけ挙げるのは難しいね。なぜなら、イングランド、スペイン、イタリア、ドイツのクラブがあるからだ」とコメントしたそうだ。

これまで、同じくプレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドをはじめ、リーグアンの強豪パリ・サンジェルマンといったメガクラブの名前が挙がっていた。

これらに加えて、ここ数週間のうちにチェルシー、ラ・リーガ・サンタンデールの2強レアル・マドリード、バルセロナといったクラブもクリスティアン・エリクセン獲得に本腰を入れ始めたと、スペインメディア『アス』が報じている。

はたしてデンマーク代表のスターは、どのクラブを選択することになるのだろうか…。

デンマーク史上最高のアタッカーとの呼び声も高いクリスティアン・エリクセン。夏のマーケットの去就に注目が集まる。

場合によっては、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリード、バルセロナ、チェルシー等の争奪戦になることも…?

yama について

往年のイングランド・プレミアリーグの大ファンYAMAです!特に、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、レスター・シティ、トッテナム・ホットスパーの5チームがお気に入り!そんなイングランドサッカー大好きな僕が、プレミアリーグの最新のホットなニュースをおとどけ!プレミアリーグファンの人と一緒に盛り上げていきたいです!プレミアリーグ勢のチャンピオンズリーグの試合についても更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です