オバメヤンの得点関与率が異常!?既にアーセナルの大黒柱に

「アーセナルの顔」となりつつあるガボン代表エース

オーバメヤン現地時間26日、イングランド・プレミアリーグ第19節が行われ、アーセナルはブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンとアウェーで対戦した。

試合は、立ち上がりにアレクサンドル・ラカゼットのラストパスを受け取ったピエール・エメリク・オーバメヤンが右上にシュートを突き刺してアーセナルが先制。

その後、シュテファン・リヒトシュタイナーがロングボールの処理を誤り、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンのユルゲン・ロカディアに決められて、1-1のドローに終わった。

試合後、絶対的エースのピエール・エメリク・オーバメヤンはがっくりと肩を落としていたが、オーバメヤン自身の存在感は日に日に右肩上がりとなっている。

冬のマーケットでドイツ・ボルシア・ドルトムントからやってきたガボン代表のエースは、これまでプレミアリーグで32試合に出場し23得点7アシストをマークしている。

ピエール・エメリク・オーバメヤンは、なんとアーセナルに移籍してから32試合で30得点に絡んでいるというのだ…。

今シーズンにいたっては、プレミアリーグ19試合が終了した時点で13ゴールをマーク。

前回得点王のモハメド・サラー(リバプール)や、ハリー・ケイン(トッテナム・ホットスパー)、セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)といった並みいるゴールハンターを抑えて、得点ランキングトップに君臨。

チームは取りこぼしが目立ち、なかなか上昇気流に乗れないイメージだが、アフリカ出身のスピードスターは孤軍奮闘している。

前年度、プレミアリーグを席巻したモハメド・サラーに続いて、2シーズン連続のアフリカ人得点王となるだろうか…。今後の得点レースにも注目が集まる。

アーセナルは、ボルシア・ドルトムントからミスリンタートなどのフロント陣主導で彼を獲得したことが予想されるが、これはアーセン・ヴェンゲルの最後の功績だったと言えるのではないだろうか。

次節アンフィールドでのリバプール戦、勝利することは難しいだろうが、何とかエースの一撃で勝利を手にしてほしい。

yama について

往年のイングランド・プレミアリーグの大ファンYAMAです!特に、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、レスター・シティ、トッテナム・ホットスパーの5チームがお気に入り!そんなイングランドサッカー大好きな僕が、プレミアリーグの最新のホットなニュースをおとどけ!プレミアリーグファンの人と一緒に盛り上げていきたいです!プレミアリーグ勢のチャンピオンズリーグの試合についても更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です