サウサンプトン戦辛勝のクロップ「ここまでの出来は夢みたい」

喜びをかみしめるクロップ

現地時間5日、プレミアリーグ第33節が行われ、マンチェスター・シティとデッドヒートを繰り広げるリバプールはサウサンプトンと対戦。

試合開始早々にシェーン・ロングに先取点を奪われたリバプールだったが、その後ナビ・ケイタ、モハメド・サラー、ジョーダン・ヘンダーソンの得点で逆転勝利を収めたリバプール。

スコアだけ見れば容易な試合だったようにも見えるが、試合終盤まで1-1の状態を引きずり苦しんだ。

とりわけ80分のモハメド・サラーによる個人技光るゴールはチームに大きな自信をもたらしたことだろう。

そんな難しい試合を乗り越えたリバプール指揮官ユルゲン・クロップは、試合後のインタビューでライバルであるマンチェスター・シティについて質問された。

「皆は私たちがマンチェスター・Cのようにプレーすることを望んでいるんだろうけど、我々にはそれはできないね。どうしてそうしなきゃならないんだ?私たちは自分たちのサッカーをするだけだよ」

「我々は今勝ち点82ポイントを持っている。信じられないほど強いチームがいるこのクレイジーなリーグで、82というのはとても大きい数字だ。本当に誇りに思っているし、信じられないことだよ」

クロップは、あくまで自分たちの戦い方で勝利をもぎ取ることを強調。

同時に、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム・ホットスパー、チェルシーといった猛者が集うプレミアリーグでのチームの出来に満足している模様。

そんなリバプールは、ミッドウィークにUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグでポルトと対戦した後、週末にはプレミアリーグ第34節でチェルシーと相まみえる。

ビッグマッチが続くが、どちらも是が非でも負けることのできない一戦だ。シーズンクライマックスのユルゲン・クロップの手腕に注目が集まる。

昨シーズンは決勝戦で惜しくも涙を呑んだチャンピオンズリーグと、プレミアリーグの二冠達成はなるだろうか…?

yama について

往年のイングランド・プレミアリーグの大ファンYAMAです!特に、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、レスター・シティ、トッテナム・ホットスパーの5チームがお気に入り!そんなイングランドサッカー大好きな僕が、プレミアリーグの最新のホットなニュースをおとどけ!プレミアリーグファンの人と一緒に盛り上げていきたいです!プレミアリーグ勢のチャンピオンズリーグの試合についても更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です