チェルシー、アーセナルが揃ってEL決勝トーナメント進出!

プレミア2クラブは順当に勝ち上がり

トレイラ現地時間13日、ヨーロッパリーググループステージ第6節の試合が行われ、決勝トーナメント進出チーム24クラブが出そろった。

セリエAのACミランがまさかのグループステージ敗退となる中、プレミアリーグから参戦したアーセナルとチェルシーはどちらも順当にグループステージ突破。

アーセナルは、最終節ホームでグラバグ・アグダムと対戦。アレクサンドル・ラカゼットのゴールを死守して1-0勝利を収めた。

主力選手を大幅に温存したチェルシーは、ビデオトンFCとアウェーで対戦し、オリヴィエ・ジルーとウィリアンの得点で2-2ドローに終わった。

また、南野拓実が所属するレッドブル・ザルツブルク、長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルト、乾貴士が所属するレアル・べティスもそれぞれ決勝トーナメント進出を果たしている。

そんな決勝トーナメント一回戦は、グループリーグを突破した24チームに加えて、UEFAチャンピオンズリーググループステージ3位の8チームを加えた32チームによって構成される。

ちなみに、チャンピオンズリーグに参戦したプレミア勢4クラブはすべて決勝トーナメント進出を果たしたため、ヨーロッパリーグを戦うプレミア勢はアーセナル、チェルシーの2クラブということになる。

尚、決勝トーナメント一回戦の組み合わせ抽選会は現地時間17日に行われる予定!

▽ヨーロッパリーグ決勝トーナメント進出チーム
レバークーゼン(ドイツ)
チューリヒ(スイス)
ザルツブルク(オーストリア)
セルティック(スコットランド)
ゼニト(ロシア)
スラビア・プラハ(チェコ)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
フェネルバフチェ(トルコ)
アーセナル(イングランド)
スポルティング・リスボン(ポルトガル)
ベティス(スペイン)
オリンピアコス(ギリシャ)
ビジャレアル(スペイン)
ラピド・ウィーン(オーストリア)
フランクフルト(ドイツ)
ラツィオ(イタリア)
ゲンク(ベルギー)
マルメ(スウェーデン)
セビージャ(スペイン)
クラスノダール(ロシア)
ディナモ・キエフ(ウクライナ)
レンヌ(フランス)
チェルシー(イングランド)
BATE(ベラルーシ)

yama について

往年のイングランド・プレミアリーグの大ファンYAMAです!特に、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、レスター・シティ、トッテナム・ホットスパーの5チームがお気に入り!そんなイングランドサッカー大好きな僕が、プレミアリーグの最新のホットなニュースをおとどけ!プレミアリーグファンの人と一緒に盛り上げていきたいです!プレミアリーグ勢のチャンピオンズリーグの試合についても更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です