プレミア冬のマーケットにおける過去最高のビッグディールは?

ファン・ダイクに再脚光

ファン・ダイクウィンターマーケットの締め切り日が一週間に迫っている中、大手イギリスメディア「スカイ・スポーツ」は「プレミア冬の移籍市場における歴代高額取引トップ10」を発表した。

冬のマーケットで過去最高のビッグディールとなったのは、昨年1月にサウサンプトンからリバプールへ加入したオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクだ。

ファン・ダイクは、7500万ポンド(約105億8300万円)でリバプールへ移籍したが、これはプレミアリーグのディフェンダーにおける過去最高の移籍金とり大きな話題となった。

ファン・ダイクに続いたのが、同じタイミングでボルシア・ドルトムントからアーセナルへ移籍したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンだ。

オーバメヤンの移籍金は6000万ポンド(約84億6900万円)だったが、ふたを開けてみればそんな巨額マネーに見合う活躍をしっかり見せている。

さて、3位には先日ボルシア・ドルトムントからチェルシーへの加入が決定したアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチで5760万ポンド(約81億3000万円)となった。

同じくドルトムントからプレミア参戦し、ゴールを量産しているオーバメヤンの再現なるだろうか…?

そんな「スカイ・スポーツ」発表の「プレミア冬の移籍市場における歴代高額取引トップ10」は以下の通り!

1位 フィルジル・ファン・ダイク(オランダ代表DF-サウサンプトン→リバプール)
2018年1月-約105億8000万円

2位 ピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン代表FW-ドルトムント→アーセナル)
2018年1月-約84億6900万円

3位 クリスティアン・プリシッチ(アメリカ代表MF-ドルトムント→チェルシー)
2019年1月-約81億3000万円

4位 アイメリク・ラポルテ(フランスDF-ビルバオ→マンチェスター・シティ)
2018年1月-約80億4300万円

5位 フェルナンド・トーレス(元スペイン代表FW-リバプール→チェルシー)
2011年1月-約70億5700万円

6位 フアン・マタ(元スペイン代表MF-チェルシー→マンチェスター・ユナイテッド)
2014年1月-約52億3500万円

7位 アンディ・キャロル(元イングランド代表FW-ニューカッスル→リバプール)
2011年1月-約49億4000万円

8位 エディン・ジェコ(ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FW-ヴォルフスブルク→マンチェスター・シティ)
2011年1月-約45億8700万円

9位 ウィルフリード・ボニー(元コートジボワール代表FW-スウォンジー→マンチェスター・シティ)
2015年1月-約39億5200万円

10位 シェンク・トスン(トルコ代表FW-ベジクタシュ→エバートン)
2018年1月-約38億1200万円

yama について

往年のイングランド・プレミアリーグの大ファンYAMAです!特に、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、レスター・シティ、トッテナム・ホットスパーの5チームがお気に入り!そんなイングランドサッカー大好きな僕が、プレミアリーグの最新のホットなニュースをおとどけ!プレミアリーグファンの人と一緒に盛り上げていきたいです!プレミアリーグ勢のチャンピオンズリーグの試合についても更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です