ベイルの新天地としてユナイテッドが浮上!来季プレミア復帰も?

ベイルの移籍先にユナイテッド浮上?

ギャレス・ベイルかねてからレアル・マドリード対談報道がなされてるウェールズ代表FWギャレス・ベイルだが、その移籍先候補として、マンチェスター・ユナイテッドとバイエルン・ミュンヘンの2クラブが浮上しているようだ。

スペインメディア「AS」の報道によると、ベイルの代理人であるジョナサン・バーネット氏、ルイス・アロンソ氏と、レアル・マドリードのゼネラルディレクターであるホセ・アンヘル・サンチェス氏の3人がベイルの去就について会談したそうだ。

公式戦227試合102得点と一定の成績を残しているギャレス・ベイルは、クリスティアーノ・ロナウドやルカ・モドリッチ等と共にUEFAチャンピオンズリーグ3連覇にも大きく貢献した。

しかしながら、今季のリーグ戦では25試合8得点とサラリーの額に見合わない結果となってしまっている。

そんなウェールズのスターにかかる移籍金は、1億7500万ユーロ(約220億円)、かつ年俸1900万ユーロ(約24億円)と言われており、獲得する側も大きな覚悟をもって交渉を行う必要がある。

そんな中、巨額マネーを捻出できる2クラブが、プレミアリーグのメガクラブマンチェスター・ユナイテッドと、ブンデスリーガ王者バイエルン・ミュンヘンの2クラブになるというわけだ。

以下、スペインメディア「AS」の報道。

「マンチェスター・ユナイテッドの場合は、レアル移籍の可能性が高まっているポール・ポグバを含んだ交渉になることが予想される。一方、バイエルン・ミュンヘンは今夏に未曾有の大金を費やし、チャンピオンズリーグ制覇とドイツ国内での覇権のために若返りを図るつもりだ」

世界最高クラスのウィンガーとして知られるギャレス・ベイルは、来シーズンどのクラブのユニフォームにそでを通しているのだろうか…?

トッテナム・ホットスパー在籍時以来のプレミアリーグ復帰はなるか!世界中がウェールズのスピードスターの去就に注目している。

yama について

往年のイングランド・プレミアリーグの大ファンYAMAです!特に、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、レスター・シティ、トッテナム・ホットスパーの5チームがお気に入り!そんなイングランドサッカー大好きな僕が、プレミアリーグの最新のホットなニュースをおとどけ!プレミアリーグファンの人と一緒に盛り上げていきたいです!プレミアリーグ勢のチャンピオンズリーグの試合についても更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です