マンUの立て直しに成功したスールシャールにインス氏が持論展開?

インス「僕にも同じことができた」

スールシャールジョゼ・モウリーニョ前監督を解任して、クラブのレジェンド的存在のオレ・グンナー・スールシャールを暫定監督として迎えたマンチェスター・ユナイテッド。

スールシャールの元で完全に息を吹き返すと、プレミアリーグ第25節終了時点のここまで公式戦10試合中9勝1分と、「これまでの不調は何だったのか?」と思うほどの好調ぶりを維持。

そんな中、スールシャール同様元マンチェスター・ユナイテッド所属、元イングランド代表MFポール・インス氏が、イギリスメディア「BTスポーツ」の番組で、

「スールシャール暫定監督がユナイテッドで行ったことと同じことが、私にもできた」とコメントしたことがちょっとした話題となっていた。

BTスポーツの「Saturday Morning Savage」に出演したインス氏は、「自分でも同じことができた」と見解を示していたが、後日改めて「BBC」のサイトで釈明している。

「モウリーニョ前監督下で、ユナイテッドが抱えていた問題は誰もが分かっていた。監督として、短期間で解決すべきことは比較的シンプルだった。監督経験のある立場から見ると、モウリーニョ前監督下で選手たちは楽しそうに見えなかったし、雰囲気や環境が非常に悪かった」

続けてインス氏は、「正直に言うと、それは誰の目からでも分かること。つまり、後任監督なら誰でも正しい方向に舵を切り、選手やロッカールームでの雰囲気を改善し、クラブ全体を軌道に乗せるのは簡単なことだったんだ」と語った。

また、現時点ではあくまで『暫定監督』のオレ・グンナー・スールシャールだが、この後正式監督として長期的にマンチェスター・ユナイテッドを率いていくかどうかについてはこのように見解。

「スールシャールレを反対する理由は全くないが、過去に短期間で好転させた暫定監督が正式な監督に就任した場合、長期にわたり上手くいった監督は多くない。チェルシーのロベルト・ディ・マッテオも、レスターのクレイグ・シェイクスピアの時もそうだった」

インス氏が述べることも分からなくもないが、同じ時代にイタリアでプレーしたジネディーヌ・ジダンが、シーズン途中にレアル監督になって誰もが監督経験が無さすぎるし翌シーズンも指揮は取れないと思っていたら、史上初のチャンピオンズリーグ三連覇を達成し先ずから辞任したという例がある。

やはり、素直に「スールシャールは良い仕事をした」と述べるのが適切だった…?

yama について

往年のイングランド・プレミアリーグの大ファンYAMAです!特に、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、レスター・シティ、トッテナム・ホットスパーの5チームがお気に入り!そんなイングランドサッカー大好きな僕が、プレミアリーグの最新のホットなニュースをおとどけ!プレミアリーグファンの人と一緒に盛り上げていきたいです!プレミアリーグ勢のチャンピオンズリーグの試合についても更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です