ユナイテッド会長はデ・ヘアを慰留させることができるか…?

ユナイテッドはデ・ヘアの慰留に成功するか…

ダビド・デ・ヘア冬の移籍マーケットが幕を閉じて間もない中、すでに夏のマーケットに向けたスカウティングは始まっている。

中でも、プレミアリーグでプレーするビッグスターの去就が取りざたされているが、イギリスサッカーサイト「フットボール365」は「プレミアリーグで契約更新が必要な選手ランキングトップ10」を発表した。

ランキングトップ10には、移籍の噂が絶えないクリスティアン・エリクセン、レアル・マドリードへの移籍が濃厚とされているエデン・アザールをはじめ、チェルシーのニューホープ、カラム・ハドソン=オドイ、マンチェスター・シティのダビド・シルバ等、そうそうたる面が名を連ねている。

そんな中、栄えある1位に選出されたのは、マンチェスター・ユナイテッドの守護神ダビド・デ・ヘアだ。

ダビド・デ・ヘアは、今シーズンも安定したパフォーマンスを見せ、ビッグセーブで幾度となくユナイテッドを救っている。

デ・ヘア自身は、来シーズン以降もオールドトラフォードでのプレーを断言しているが、ユナイテッドの会長エド・ウッドワードは、この守護神にどれだけの給与を支払うことができるだろうか…?

慰留させるために、『ビッグマネー』が必要となるスターたち…。

そんなイギリスサッカーサイト「フットボール365」が発表した「プレミアリーグで契約更新が必要な選手ランキングトップ10」は以下の通り!

1位-ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U/スペイン代表)
2位-クリスティアン・エリクセン(トットナム/デンマーク代表)
3位-カラム・ハドソン=オドイ(チェルシー/イングランド)
4位-エデン・アザール(チェルシー/ベルギー代表)
5位-ライアン・セセニョン(フルハム/イングランド)
6位-ヤン・フェルトンゲン(トットナム/ベルギー代表)
7位-トビー・アルデルヴァイレルト(トットナム/ベルギー代表)
8位-イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・C/ドイツ代表)
9位-ライアン・フレイザー(ボーンマス/スコットランド代表)
10位-ダビド・シルバ(マンチェスター・C/元スペイン代表)

yama について

往年のイングランド・プレミアリーグの大ファンYAMAです!特に、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、レスター・シティ、トッテナム・ホットスパーの5チームがお気に入り!そんなイングランドサッカー大好きな僕が、プレミアリーグの最新のホットなニュースをおとどけ!プレミアリーグファンの人と一緒に盛り上げていきたいです!プレミアリーグ勢のチャンピオンズリーグの試合についても更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です