英サイトが興味深いデータを公開 代表実績が最も豊富なチームは…?

1位は意外にも…

ハリー・ケインイギリスのフットボールサイト『Football365』が、インターナショナルマッチウィークに入るタイミングで興味深いデータを発表した。

プレミアリーグの新旧代表選手たちのキャップ数をすべて換算し、クラブ別で総数を集計。現在プレミアリーグに登録されている20クラブを、それぞれの代表キャップ数とともにランキング形式で紹介している。

マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティの2大クラブを抑えて首位となったのは、意外にもトッテナム・ホットスパーだった。

トッテナムは、994キャップをマーク。イングランド代表のハリー・ケインやデレ・アリをはじめ、デンマーク代表のクリスティアン・エリクセン、韓国代表のソン・フンミンなど代表チームの中心選手が多く在籍している。

その他、ベルギー代表のトビー・アルデルワイレルドや、ヤン・フェルトンゲン、フランス代表守護神ウーゴ・ロリスといったキャップ数豊富な選手も多く抱える。
尚、トッテナムのチーム内でも最も代表キャップ数が多いのはフェルトンゲンで、110キャップとなっている。

トッテナムの下には、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、リバプールと続く。

そんなプレミアリーグ全20クラブの「総キャップ数」とランキングは以下の通り。()内はチーム内トップのキャップ数を持つ選手だ。

1位 トッテナム 994キャップ(ヴェルトンゲン-110キャップ)
2位 マンチェスター・U 985キャップ(A・サンチェス-125キャップ)
3位 マンチェスター・C 795キャップ(ブラーボ-119キャップ)
4位 チェルシー 773キャップ(セスク-110キャップ)
5位 リバプール 745キャップ(シャキリ-75キャップ)
6位 アーセナル 734キャップ(チェフ-124キャップ)
7位 ウェストハム 573キャップ(J・エルナンデス-106キャップ)
8位 エバートン 538キャップ(シグルドソン-62キャップ)
8位 レスター 538キャップ(岡崎-116キャップ)
10位 ニューカッスル 509キャップ(キ・ソンヨン-104キャップ)
11位 バーンリー 462キャップ(ハート-75キャップ)
12位 サウサンプトン 432キャップ(S・デイビス-103キャップ)
13位 クリスタル・パレス 416キャップ(ヘネシー-78キャップ)
14位 カーディフ 323キャップ(グンナールソン-80キャップ)
15位 ワトフォード 307キャップ(プレードル-69キャップ)
16位 ウォルバーハンプトン 300キャップ(モウチーニョ-113キャップ)
17位 フルアム 281キャップ(シュールレ-57キャップ)
18位 ブライトン 255キャップ(ライアン-47キャップ)
19位 ボーンマス 179キャップ(ベゴビッチ-61キャップ)
20位 ハッダースフィールド 129キャップ(ムーイ-37キャップ)

yama について

往年のイングランド・プレミアリーグの大ファンYAMAです!特に、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、レスター・シティ、トッテナム・ホットスパーの5チームがお気に入り!そんなイングランドサッカー大好きな僕が、プレミアリーグの最新のホットなニュースをおとどけ!プレミアリーグファンの人と一緒に盛り上げていきたいです!プレミアリーグ勢のチャンピオンズリーグの試合についても更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です