プレミアリーグ

3位レスター・シティと4位チェルシーが激突!来季CLを争う大一番

両者にとって大一番

今週はキングパワー・スタジアムでプレミアリーグ第25節レスター・シティ対チェルシーの注目マッチが行われる。

得点ランキングトップのジェイミー・ヴァーディーを筆頭に、今季絶好調のレスター・シティは現在リヴァプール、マンチェスター・シティに次いで3位。

今節は、4位のチェルシーをホームグラウンドで迎え撃つ。注目の上位対決だ。

レスター・シティは、ミッドウィークのカラヴァオ・カップ準決勝で格下のアストン・ヴィラ相手に痛恨の黒星を喫し、決勝進出を逃した。

ジェームズ・マディソンやチャグラル・ソユンクはフル出場すると、疲労の溜まるジェイミー・ヴァーディーも後半から強行出場し、疲労困憊の中大一番を迎える。

対するチェルシーは、前節激闘のビッグロンドン・ダービーを2−2で終えたが、二試合ぶりの勝利なるか。

ビッグロンドン・ダービーで守備の要ヌゴロ・カンテが、転倒により“80m独走弾”を献上したが、今回は古巣対決で汚名返上となるだろうか。

なお、ビッグロンドン・ダービーで好パフォーマンスを発揮したセサル・アスピリクエタ、ジョルジーニョ、マテオ・コヴァチッチや、好調のカラム・ハドソン・オドイがスターティングメンバーの予想に入っている。

チャンピオンズリーグ出場権を争う上で是が非でも負けられない中、今季13ゴールと大暴れのタミー・アブラハムの一撃に期待がかかる。

FAカップ4回戦では、チェルシー、レスター・シティともにチャンピオンシップの相手に大苦戦を強いられながらも、なんとかターンオーバーを用いて5回戦へと駒を進めた。

ちなみに、大手ブックメーカーサイト「ウィリアムヒル」の最新オッズでは、両者五分五分のオッズがついている。

そんな注目のレスター・シティ対チェルシーの一戦は、日本時間30日4時45分キックオフ予定!

南野拓実の推定価値はリヴァプール所属選手の中で何番目?

南野拓実の推定価値は?

ドイツの移籍情報専門サイト「transfermarkt」が恒例の推定市場価格を更新したが、新加入南野の市場価値はリヴァプールのチーム内で何番目なのだろうか?

今シーズンのチャンピオンズリーググループステージでリヴァプール相手にアンフィールドで大活躍し、ユルゲン・クロップ監督にリヴァプールに引き抜かれた南野拓実。

明日未明に来なわれるFAカップ3回戦エバートン戦でデビューすることが濃厚となっているが、そんな南野の「transfermarkt」における推定市場価値を見てみよう。

南野の市場価値は、ズバリ1250万ユーロ(約15億円)。これは、リヴァプール所属選手の中で18番目の数値となった。

そのひとつ上には、南野と同い年でスーパーサブとして活躍するベルギー代表FWディボック・オリギ(2000万ユーロ/約24億円)、一つ下には大ベテランで元イングランド代表MFジェームズ・ミルナー(1200万ユーロ/約14億円)がランクイン。

リバプール メンバー

まだオースリアリーグから加入したばかりの日本人選手ということで、推定市場価値はさほど高くない。今後の活躍次第で、一気に数値を上げる可能性も…?

これからのリヴァプールでのプレーが楽しみで仕方がない!

ちなみに、リバプールの全24選手の中でトップに君臨するのはセネガル代表FWサディオ・マネとエジプト代表FWモハメド・サラーの昨季プレミアリーグ得点王コンビだ。

両者は、1億5000万ユーロ/約181億円という破格の数値がついている。

2位は、若手ながらベテランの風格あるイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルド(1億1000万ユーロ/約133億円)。

3位は、オランダ代表キャプテンのDFフィルジル・ファン・ダイク(1億ユーロ/約121億円)と続いた。

世界で最も高給取りの監督は?1位、2位ともにプレミア勢

推定年俸28億円のグアルディオラ

イギリスメディア「デイリー・ミラー」は、世界で最も高給取りの監督ランキングトップ10を公表した。

映えあるナンバーワンに輝いたのは、マンチェスター・シティを指揮するジョゼップ・グアルディオラだ。

グアルディオラは、2016年からマンチェスター・シティを指揮し、就任1年目こそタイトル獲得を逃したが、17-18シーズンにはプレミア史上初の「勝ち点100」で同クラブを4年ぶりのチャンピオンへと導いた。

さらには、昨シーズンはプレミアリーグを連覇するとともに、カラバオカップ、FAカップも制して史上初めて国内3冠達成を果たしている。

さて、「デイリー・ミラー」によると、そんなグアルディオラは推定年俸は2000万ポンド(約28億円)をマンチェスター・シティから受け取っており、世界で最も高給取りの監督なのだそうだ。

また、2位には現地時間20日にトッテナム・ホットスパーの監督に就任したばかりのジョゼ・モウリーニョがランクインしている。

3位には、1300万ポンド(約18億2300万円)でアトレティコ・マドリードを指揮するディエゴ・シメオネ、4位には推定年俸1150万ポンド(約16億1000万円)の元リバプール指揮官ラファエル・ベニテスがランクインした。

さて、そんな注目の「世界で最も高給取りの監督ランキングトップ10」は以下の通り!

1位 2000万ポンド(約28億円) ジョゼップ・グアルディオラ監督(マンチェスター・シティ)
2位 1500万ポンド(約21億円) ジョゼ・モウリーニョ監督(トットナム)
3位 1300万ポンド(約18億2300万円) ディエゴ・シメオネ監督(アトレチコ・マドリード)
4位 1150万ポンド(約16億1000万円) ラファエル・ベニテス監督(大連一方)
5位 1000万ポンド(約14億円) ファビオ・カンナバーロ監督(広州恒大)
5位 1000万ポンド(約14億円) ジネディーヌ・ジダン監督(レアル・マドリード)
7位 900万ポンド(約12億6000万円) アントニオ・コンテ監督(インテル)
8位 800万ポンド(約11億2200万円) トーマス・トゥヘル監督(PSG)
8位 800万ポンド(約11億2200万円) エルネスト・バルベルデ監督(バルセロナ)
10位 700万ポンド(約9億8200万円) ユルゲン・クロップ監督(リバプール)

シティがサネの代役にコマンを指名か 両ウィング可能の逸材獲得へ

グアルディオラがコマン獲得希望か

イギリスメディア「スカイ・スポーツ」は、マンチェスター・シティが、重傷で戦線離脱中のドイツ代表MFレロイ・サネの代役としてバイエルン・ミュンヘンのフランス代表FWキングスレイ・コマンの獲得を目指していることを報じた。

レロイ・サネは、シーズン開幕前にリヴァプールとのコミュニティ・シールドに出場。

しかし、イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドと接触したことで、右膝前十字靭帯の損傷で、全治7カ月の重傷を負った。

サネは、当時母国リーグブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンへの移籍が取りざたされていたが、この負傷が原因の一つとなり移籍が破綻した背景もある。

マンチェスター・シティ指揮官のグアルディオラは、そんなサネの代役を探し続けており、今回バイエルン・ミュンヘンの主力であるキングスレイ・コマンに白羽の矢を立てたというわけだ。

成長著しいキングスレイ・コマンは、母国フランスの名門パリ・サンジェルマンで2012~2013シーズンにプロキャリアをスタートさせ、これまでユヴェントス、バイエルン・ミュンヘンとメガクラブを渡り歩いてきた。

バイエルン・ミュンヘンでの通算成績は、139試合で38得点ということで、ウィンガーとしてはかなりの好成績を収めている。

また、バイエルン・ミュンヘン加入1年目の2015-16シーズンには、現在マンチェスター・シティで指揮をとるグアルディオラの下でプレーした経験も。

キングスレイ・コマンの最大の魅力は、そのユーティリティ性の高さだ。

左右両サイトで質の高いプレーが可能で、近年は得点力も向上。フランス代表としても、アントワーヌ・グリーズマン等とともに絶対的な地位を確立させつつある。

レロイ・サネの代役としては十分すぎると言ってもいいキングスレイ・コマンだが、初のプレミアリーグ参戦は現実となるだろうか…?今後の去就に注目が集まる。

バロンドール候補者30名のうち半分がプレミア勢!?

プレミアリーグから最多15名選出!

今年のバロンドール候補者には、例年に増してプレミアリーグ在籍選手の選出が目立っている。

フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が2019年度のバロンドール最終ノミネート者30名を発表した。

まず、昨シーズンのチャンピオンズリーグ覇者リヴァプール。

なんと、フィルジル・ファン・ダイク、ロベルト・フィルミーノ、アリソン、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、トレント=アレクサンダー・アーノルド、サディオ・マネ、モハメド・サラーと最多7名が候補に名を連ねた。

また、プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティからもケビン・デ・ブライネ、ラヒム・スターリングをはじめ5名が選出。

その他、昨季チャンピオンズリーグのファイナリストであるトッテナム・ホットスパーからソン・フンミン、ウーゴ・ロリスの2名、アーセナルからプレミア得点王のピエール=エメリク・オーバメヤンが選出された。

そんな2019年度のバロンドール最終ノミネート者30名一覧は以下の通り!

【リバプール】
フィルジル・ファン・ダイク、ロベルト・フィルミーノ、アリソン、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、トレント=アレクサンダー・アーノルド、サディオ・マネ、モハメド・サラー

【マンチェスター・シティ】
ケビン・デ・ブライネ、リヤド・マフレズ、ベルナルド・シウバ、セルヒオ・アグエロ、ラヒーム・スターリング

【バルセロナ】
リオネル・メッシ、アントワーヌ・グリーズマン、マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン、フレンキー・デヨング

【レアル・マドリード】
カリム・ベンゼマ、エデン・アザール

【トットナム】
ソン・フンミン、ウーゴ・ロリス

【アヤックス】
ドニー・ファン・デ・ベーク、ドゥサン・タディッチ

【ユベントス】
クリスティアーノ・ロナウド、マタイス・デ・リフト

【パリ・サンジェルマン】
キリアン・ムバッペ、マルキーニョス

【アトレチコ・マドリード】
ジョアン・フェリックス

【ナポリ】
カリドゥ・クリバリ

【バイエルン・ミュンヘン】
ロベルト・レバンドフスキ

【アーセナル】
ピエール=エメリク・オーバメヤン

ユナイテッド、シティがハベルツ獲得争奪戦か?

ドイツの期待の新星にプレミア勢が注目

ブンデスリーガのバイヤー・レヴァークーゼンに所属するドイツ代表FWカイ・ハベルツに、プレミアリーグの複数のクラブが強い関心を示しているようだ。現地時間22日付のイギリスメディア『サンデー・エキスプレス』が報じている。

サンデー・エキスプレスでは、カイ・ハベルツの獲得レースで先行しているのはマンチェスター・ユナイテッドだとしており、その他にプレミアリーグ王者マンチェスター・シティ、チャンピオンズリーグ覇者リヴァプールもドイツの期待の新星に注目していると報道。

中でもマンチェスター・ユナイテッドは、すでにカイ・ハベルツの獲得に向けてバイヤー・レヴァークーゼンと接触しているとされており、レヴァークーゼンからは1億ユーロ(約120億円)以上の金額を移籍金として用意するよう告げられだ模様だ。

若干20歳のハベルツは、17歳という若さでブンデスリーガデビューを飾ると、リーグの名門バイヤー・レヴァークーゼンですでにレギュラーポジションを獲得している。

公式戦の出場数は112を数え、ドイツA代表でも5キャップを記録するなど同国随一の有望株として知られている。

マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、リヴァプールの他に、自国王者のバイエルン・ミュンヘンや、レアル・マドリード、バルセロナといったメガクラブが獲得を希望しているという噂もある。

そんなハベルツとバイヤー・レヴァークーゼンはカタールワールドカップ終了後の2022年まで契約を結んでいるが、契約解除金を支払うだけの財力を誇るビッグクラブが争奪戦を繰り広げることは間違いないだろう。

早ければ、今シーズン終了後にもバイヤー・レヴァークーゼン側が移籍を容認するかもしれないが、はたしてハベルツ本人が選択する新天地はどこになるだろうか…?
今後の去就に目が離せない!

今夏最も高い移籍金で移籍した選手は?【2019プレミア移籍市場】

今夏一番のビッグディールは?

現地時間8日にデッドラインデーを迎えたプレミアリーグのマーケット。

今回は、そんなプレミアリーグ内で高額な移籍金で新天地へ渡った選手のトップ10を紹介!

今夏の移籍市場で最も話題となったのは、レスター・シティのハリー・マグワイアがバジル・ファン・ダイクのディフェンダー過去最高額を上回る移籍金でマンチェスター・ユナイテッドへ渡ったニュースだろう。

その移籍金はなんと8700万ユーロ(約109億円)。今夏のプレミアリーグ移籍市場において、一番のビッッグディールとなった。

2位はリールからマンチェスター・シティに渡ったニコラス・ペペで8000万ユーロ(約100億円)。

3位はアトレティコ・マドリードからマンチェスター・シティに渡ったロドリで、7000万ユーロ(約88億円)となっている。

そんな2019年夏のプレミアリーグ高額移籍金ランキングTOP10は以下の通り!

1位:ハリー・マグワイア|レスター→マンチェスター・U|8700万ユーロ(約109億円)

2位:ニコラ・ペペ|リール→アーセナル|8000万ユーロ(約100億円)

3位:ロドリ|A・マドリー→マンチェスター・C|7000万ユーロ(約88億円)

4位:ジョアン・カンセロ|ユベントス→マンチェスター・C|6500万ユーロ(約81億円)

5位:クリスティアン・プリシッチ|ドルトムント→チェルシー|6400万ユーロ(約80億円)

6位:タンギ・ヌドンベレ|リヨン→トッテナム|6000万ユーロ(約75億円)

7位:アーロン・ワン=ビサカ|クリスタル・パレス→マンチェスター・U |5500万ユーロ(約69億円)

8位:ジョエリントン|ホッフェンハイム→ニューカッスル|4400万ユーロ(約55億円)

9位:セバスティアン・アレ|フランクフルト→ウェストハム|4000万ユーロ(約50億円)

10位:アジョセ・ペレス|ニューカッスル→レスター|3340万ユーロ(約42億円)

プレミア参戦が遅すぎた選手と言えば…中田英寿?イブラ?

もう少し早くプレミアに来ていれば…

現地時間21日にイギリスサッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」電子版が特集した記事が話題となっている。

その特集記事の内容は、「プレミアリーグに来るのがあまりに遅すぎた選手9人」というものだ。

「世界で一番リッチなリーグ」としても知られるプレミアリーグ。

そんなスターが集うリーグに、もう少し早くチャレンジしていれば活大きく躍できたと評価される9名は誰か…?

なんと、そのうちの一人は2005-06シーズンにフィオレンティーナからボルトン・ワンダラーズでプレーした元日本代表MF中田英寿だ。

「マエストロ」として紹介された中田は、プレミアリーグでの成績は21試合1得点にとどまり、プレー期間もわずか1年と短かった。

その他、かつて横浜フリューゲルスでもプレーした元ポルトガル代表MFパウロ・フットレ氏(元ウェストハム)の名前もある。

個人的には、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(現ロサンゼルス・ギャラクシー)がマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したタイミングが一番遅かったように思うが、今回の記事には選ばれていないようだ。

怪我による長期離脱もあった中、35歳という年齢であれだけのハイパフォーマンスを発揮していたのだが、もしあと2、3年でも早くプレミアリーグに参戦してたらかなり得点を量産していたのではないだろうか。

さて、そんな「プレミアリーグに来るのがあまりに遅すぎた選手9人」の残り7人は以下の通り!

・元ブラジル代表DFマイコン(現クリシューマ/元マンチェスター・シティ)
・元ウルグアイ代表DFディエゴ・ルガーノ氏(元ウェストブロムウィッチ・アルビオン)
・元フランス代表DFローラン・ブラン氏(元マンチェスター・ユナイテッド)
・元ブラジル代表FWマリオ・ジャルデウ氏(元ボルトン)
・元スペイン代表FWディエゴ・トリスタン氏(元ウェストハム)
・元ドイツ代表DFトーマス・ヘルマー氏(元サンダーランド)

アザール退団のチェルシー 新10番はブラジル代表FWに決定

新10番はウィリアンに決定!

昨シーズンのヨーロッパリーグ覇者チェルシーは、2019-20シーズンの背番号を公表した。

今シーズンこそ、マンチェスター・シティから王座奪還を現実のものにしたいチェルシー。

エデン・アザールがレアル・マドリードへ移籍したことで、10番が空き番号となっていた。

そんな中、ブラジル代表としてコパ・アメリカ2019にも参戦したウィリアンが新たに10番を背負うこととなったようだ。

また、アンドレアス・クリステンセンが4番、クル・ズマが15番にそれぞれ変更された。

今夏、チャンピオンシップで得点王に輝いた新加入のタミー・エイブラハムは、エースナンバーの9番ユニフォームに袖を通すことが決定。

そんなチェルシーは、現地時間11日にイングランド・プレミアリーグ開幕戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦する予定となっている。

その4日後には、イスタンブールに移り、ヨーロッパリーグ覇者としてリバプールとUEFAスーパーカップで激突する。

チェルシーの2019-20シーズンの背番号一覧は以下の通り!

1 ケパ・アリサバラガ
2 アントニオ・リュディガー
3 マルコス・アロンソ
4 アンドレアス・クリステンセン
5 ジョルジーニョ
6 ダニー・ドリンクウォーター
7 エンゴロ・カンテ
8 ロス・バークリー
9 タミー・エイブラハム
10 ウィリアン
11 ペドロ・ロドリゲス
12 ルベン・ロフタス・チーク
13 ウィリー・カバジェロ
14 ティエムエ・バカヨコ
15 クル・ズマ
16 ケネディ
17 マテオ・コバチッチ
18 オリビエ・ジル
19 メイソン・マウント
20 カラム・ハドソン・オドイ
21 ダビデ・ザッパコスタ
22 クリスティアン・プリシッチ
23 ミヒー・バチュアイ
24 リース・ジェームズ
28 セサル・アスピリクエタ
29 フィカヨ・トモリ
30 ダビド・ルイス
31 ジェイミー・カミング
33 エメルソン・パルミエリ

チェルシーが来日!指揮官ランパード「我々に何ができるか」

監督として来日のランパード

現地時間16日、チェルシーは川崎フロンターレと対戦を控えるプレシーズンツアーに挑む招集メンバーを公表した。

発表されたメンバーリストには、フランス代表オリビエ・ジルー、ヌゴロ・カンテをはじめ、スペイン代表マルコス・アロンソ、セサル・アスピリクエタ、元ブラジル代表ダビド・ルイス等そうそうたる面々が顔を揃えた。

その他、レアル・マドリードからレンタル加入中だったクロアチア代表マテオ・コバチッチも完全移籍を果たしたことで来日が決定。

また、昨シーズンまでボルシア・ドルトムントでプレーしたアメリカ代表クリスティアン・プリシッチも名を連ねた。

そんなチェルシーは、19日に明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019で川崎フロンターレと、23日には楽天カップでバルセロナと激突する。

以下、川崎フロンターレ戦前の公式会見でのフランク・ランパード監督のコメント。

「この段階の私たちにとっても必要なチャレンジになる。日本のトップチームと試合ができることに対してリスペクトの精神も持っている。自分たちに何ができるかをテストできる。プレミアリーグでもチャンピオンズリーグでもいろいろなスタイルを持ったクラブがいるので、異なったスタイルのチームと試合をすることは重要だ」

両試合に挑むチェルシーのメンバーリストは以下の通り!

▽GK
ケパ・アリサバラガ
ウィリー・カバジェロ
ジェイミー・カミング
▽DF
セサル・アスピリクエタ
ダビド・ルイス
ダビデ・ザッパコスタ
クルト・ズマ
マルコス・アロンソ
アンドレアス・クリステンセン
エメルソン
フィカヨ・トモリ
▽MF
ケネディ
エンゴロ・カンテ
ジョルジーニョ
ダニー・ドリンクウォーター
ティエムエ・バカヨコ
ロス・バークリー
マテオ・コバチッチ
メイソン・マウント
ケイシー・パルマー
▽FW
ペドロ
ミチ・バチュアイ
オリビエ・ジルー
タミー・アブラハム
クリスティアン・プリシッチ