リバプール

英紙「ミナミノはプレミア最高のバーゲンだ」

ミナミノはプレミア最高のバーゲンだ

イギリスメディア「GIVE ME SPORT」は「欧州5大リーグで行われた1月の移籍ベスト15」と題したランキングを発表した。

今冬、ザルツブルクからリヴァプールへ加入した南野拓実が堂々の5位にランクインしている。

両ウィング、セカンドトップ、センターフォワードとあらゆるポジションでプレーが可能な南野拓実だが、イギリスメディア「GIVE ME SPORT」はこのようにレポートした。

「リバプールはただただ物事を正しく行う。ミナミノのコストがたったの725万ポンド(約10億4000万円)で済んだ事例は、今後もおそらく毎年のように“プレミアリーグ史上最高のバーゲン購入”として取り上げられることになるだろう」

また、同じく冬にザルツブルクからボルシア・ドルトムントへ移籍したアーリング・ブラウト・ホーランドが、同ランキング1位に輝いた。

その他、移籍市場最終日にスポルティングCPからマンチェスター・ユナイテッドへ加入したブルーノ・フェルナンデス、ボルシア・ドルトムントからビジャレアルへ加入したパコ・アルカセル等が上位にランクイン。

さて、そんなイギリスメディア「GIVE ME SPORT」発表の「欧州5大リーグで行われた1月の移籍ベスト15」は以下の通り!

15位→レイニエル・ジェズス(フラメンゴ→レアル・マドリード:U-23ブラジル代表FW)
14位→クリストフ・ピョンテク(ACミラン→ヘルタ・ベルリン:ポーランド代表FW)
13位→デヤン・クルゼフスキ(ウディネーゼ→ユベントス:スウェーデン代表MF)
12位→エセキエル・パラシオス(リーベル・プレート→レバークーゼン:アルゼンチン代表MF)
11位→ステーフェン・ベルフワイン(PSV→トッテナム:オランダ代表FW)
10位→エムレ・ジャン(ユベントス→ドルトムント:元ドイツ代表MF)
9位→クリスティアン・エリクセン(トッテナム→インテル:デンマーク代表MF)
8位→サンダー・ベルゲ(ヘンク→シェフィールド・ユナイテッド:ノルウェー代表FW)
7位→ディエゴ・デンメ(ライプツィヒ→ナポリ:ドイツ人MF)

6位→ブルーノ・ギマランイス(アトレチコ・パラナエンセ→リヨン:ブラジル人MF)
5位→南野拓実(ザルツブルク→リバプール:日本代表MF)
4位→ブルーノ・フェルナンデス(スポルティングCP→マンチェスター・ユナイテッド:ポルトガル代表MF)
3位→パコ・アルカセル(ドルトムント→ビジャレアル:スペイン代表FW)
2位→ダニ・オルモ(ディナモ・ザグレブ→RBライプツィヒ:スペイン代表MF)
1位→アーリング・ブラウト・ハーランド(ザルツブルク→ドルトムント:ノルウェー代表FW)

リヴァプール加入の南野 クロップの期待値は絶大?

リヴァプールに加入決定の南野拓実

2019年末、日本サッカー界にとって史上最大と言っても良いサプライズニュースが飛び込んできた。そう、南野拓実のリヴァプール移籍報道だ。

UEFAチャンピオンズリーグ、FIFAクラブワールドカップを制覇し、世界一の名を手にしたリヴァプール。そんな目がクラブが、オーストリアリーグのザルツブルクでプレーする日本人選手に白羽の矢を立てたのはなぜか…?

リヴァプール地元メディア『Liverpool Echo』によれば、指揮官ユルゲン・クロップは「タクミミナミノに関して我々が知っているすべてが、我々にとてもうまくフィットする」と語っているほど。

以下、クロップの南野に対するコメント。

「まずなによりも、彼のフットボールのスキルだ。それに、狭いエリアでの決断力、スピード。ボールを奪い返すことにも意欲的だ。ザルツブルクは我々と似た哲学のチームだから、彼はそういうことに慣れているんだよ。長期的に彼が我々の助けになることは疑いない。それは明白だ。」

また、『Liverpool Echo』は2020年1月1日時点で正式にリヴァプールの一員となる南野だが、プレミアリーグのルール上で最短でのデビューは5日のエバートンとのFAカップとなることも伝えている。

リバプール メンバー

リヴァプールはそれまでにプレミアリーグの試合を3試合こなすことになるが、過密スケジュールが続く中、確実に南野に出番が回ってくることだろう。

プレミアリーグ得点王のモハメド・サラーとサディオ・マネ、そしてセレソンのエースロベルト・フィルミーノと世界で最も脂の乗った3トップと言えるリヴァプールのアタッカー陣。

ここに新戦力のアジア人が割って入ることは決して簡単なミッションではない。

かつては香川真司も指導したユルゲン・クロップの元で、確固たる地位を固めることが出来るだろうか…?

クロップ監督は、最後に「一緒に仕事するのが待ち遠しい。それに、彼がどこでフィットするかを考えるための時間が少し与えられていることは、とてもいいことだ」と締めくくった。

いざナポリ戦へ!リヴァプールが招集メンバーを発表

サラー、マネ、ダイク等招集

現地時間16日、リヴァプールはチャンピオンズリーググループステージ開幕節のナポリ戦に挑む遠征メンバー20名を発表した。

昨シーズンはトッテナム・ホットスパーとの同国対決を制して栄冠を手にしたリヴァプール。

今シーズンはディフェンディングチャンピオンとして同大会に挑むこととなるが、その第1戦に向けてサディオ・マネら主力メンバーを順当に選出した。

メンバーリストには、昨季プレミアリーグ最優秀選手のバジル・ファン・ダイクをはじめ、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、トレント・アレクサンダー・アーノルド等豪華メンバーの名前がずらり。

また、先日のインターナショナルマッチウィークでスイス代表招集を拒否したシェルダン・シャキリや、ニューホープのリアン・ブリュースターもメンバーに名を連ねた。

一方で、負傷離脱を強いられている守護神アリソン・ベッカーとナサニエル・クライン、ニューカッスルとの一戦で負傷したナビ・ケイタ、ディボック・オリギの4名はメンバーリストから外れている。

ゴールキーパーは、リーグ戦に続いてアドリアンが務めることになるだろう。

そんなチャンピオンズリーググループステージ開幕節のナポリ戦に挑むリヴァプールメンバー一覧は以下の通り!

▼GK
アドリアン
アンディ・ロナーガン
カオイムヒン・ケレハー

▼DF
フィルヒル・ファン・ダイク
デヤン・ロブレン
ジョー・ゴメス
アンドリュー・ロバートソン
ジョエル・マティプ
トレント・アレクサンダー・アーノルド

▼MF
ファビーニョ
ジョルジニオ・ワイナルドゥム
ジェームス・ミルナー
ジョーダン・ヘンダーソン
アレックス・オクスレード・チェンバレン
アダム・ララナ
シェルダン・シャキリ

▼FW
ロベルト・フィルミーノ
サディオ・マネ
モハメド・サラー
リアン・ブリュースター

リヴァプールがCL登録メンバー発表!意外な選手がA登録から外れる?

アーノルドはB登録に

現地時間4日、リヴァプールはチャンピオンズリーグの登録メンバーをヨーロッパサッカー連盟に提出。同時に、クラブの公式ホームページでメンバーリストを公表した。

モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノの三銃士のほか、ジョーダン・ヘンダーソン、ジョルジ・ワイナルドゥム、バジル・ファン・ダイクなど主力メンバーが順当に選出された。

また、プレミアリーグ開幕戦のノリッジ・シティ戦で負傷した守護神アリソン・ベッカーもメンバー入りを果たしている。

また、一時移籍の噂が報じられたアレックス・オックスレイド=チェンバレンや、インターナショナルマッチウィークでのスイス代表招集を拒否したシェルダン・シャキリといった選手もAリスト入り。

一方で、トレント・アレクサンダー=アーノルドとリアン・ブリュースターはカオイムヒン・ケレハー等とともにBリストに登録された。

そんなリヴァプールのチャンピオンズリーグ招集メンバーは以下の通り!

・Aリスト
▽GK
アリソン
アドリアン
アンディ・ロナーガン
▽DF
ジョー・ゴメス
デヤン・ロブレン
ジョエル・マティプ
アンドリュー・ロバートソン
セップ・ファン・デン・ベルフ
フィルジル・ファン・ダイク
▽MF
ハーヴェイ・エリオット
ジョーダン・ヘンダーソン
ナビ・ケイタ
アダム・ララーナ
ジェームス・ミルナー
アレックス・オックスレイド=チェンバレン
ジェルダン・シャキリ
ファビーニョ
ジョルジニオ・ワイナルドゥム
▽FW
ロベルト・フィルミーノ
モハメド・サラー
サディオ・マネ
ディボック・オリギ

・Bリスト
トレント・アレクサンダー=アーノルド
リアン・ブリュースター
カーティス・ジョーンズ
ハービー・カネ
カオイムヒン・ケレハー
ヤセル・ラローチ
アダム・ルイス

開幕戦でアリソン負傷のリバプール 緊急でベテランGK獲得か?

アリソンの離脱は数週間程度?

現地時間9日、プレミアリーグ開幕戦でリバプールは昇格組のノーリッジ・シティ相手に4発大勝をおさめた。

しかし、この試合でよもやの大ハプニング発生。絶対的守護神のアリソン・ベッカーが負傷退場を余儀なくされた。

そして現地時間12日、リバプールは公式ホームページでアリソン・ベッカーの負傷状態に関する情報を発表。

その中で、指揮官ユルゲン・クロップは「とてもクールではない。ふくらはぎのケガで、しばらくの間離脱することになる」とコメントしている。

以下、ユルゲン・クロップのコメント。

「今、いつ彼が復帰できるかなんてはっきりしたことは言えないが、水曜日(14日のUEFAスーパーカップ)は間違いなく無理だ。2週間は掛かると思うが、そのうちわかるだろう。次の数週間、彼が試合に出られないことは確実だ」

クロップは、アリソン・ベッカーの離脱中に今夏獲得したアドリアンをスタメンに抜擢する模様。

加えて、第3ゴールキーパーのカオイムヒン・ケレハーも負傷離脱中ということで、一時的にゴールキーパーの手駒がアドリアンただ一人になってしまった。

そこでクロップは、応急処置としてベテランゴールキーパーのアンディ・ロナーガンと1年契約を締結する決心をしたようだ。

アンディ・ロナーガンは、現地時間14日に行われるチェルシーとのUEFAスーパーカップで、早速ベンチ入りする模様。

アリソン・ベッカー不在のリバプールは、UEFAスーパーカップを戦った後、17日にサウサンプトン、24日にアーセナル、31日にバーンリーと対戦予定となっている。

しばらく守備の大黒柱を欠くことになるリバプールだが、数週間の離脱で済んだことが不幸長の幸いか…?

アリソンは昨シーズン、チャンピオンズリーグ決勝戦を戦ってシーズンを終えた後、すぐにコパ・アメリカ2019でブラジル代表に合流。

コパ・アメリカでペルーとの決勝戦を戦った後、開幕前にはリバプールでFAコミュニティーシールドに出場。

この過密スケジュールが負傷に影響していないとは言えないはずだが、今後はアドリアンとのターンオーバーで疲労を分散させることも必要か…?

リバプールがアザール弟獲得に本腰?プレミアでアザール対決実現も

リバプールがトルガン獲得に名乗り

レッズが、いよいよベルギーの至宝の獲得に本腰を入れ始めたようだ。

イギリスメディア『デイリースター』の報道によると、イングランド・プレミアリーグ2位リバプールは、ドイツ・ブンデスリーガのボルシア・メンヒェングラッドバッハに所属するベルギー代表のMFトルガン・アザールの獲得を目指しているようだ。
続きを読む