英紙「ミナミノはプレミア最高のバーゲンだ」

ミナミノはプレミア最高のバーゲンだ

イギリスメディア「GIVE ME SPORT」は「欧州5大リーグで行われた1月の移籍ベスト15」と題したランキングを発表した。

今冬、ザルツブルクからリヴァプールへ加入した南野拓実が堂々の5位にランクインしている。

両ウィング、セカンドトップ、センターフォワードとあらゆるポジションでプレーが可能な南野拓実だが、イギリスメディア「GIVE ME SPORT」はこのようにレポートした。

「リバプールはただただ物事を正しく行う。ミナミノのコストがたったの725万ポンド(約10億4000万円)で済んだ事例は、今後もおそらく毎年のように“プレミアリーグ史上最高のバーゲン購入”として取り上げられることになるだろう」

また、同じく冬にザルツブルクからボルシア・ドルトムントへ移籍したアーリング・ブラウト・ホーランドが、同ランキング1位に輝いた。

その他、移籍市場最終日にスポルティングCPからマンチェスター・ユナイテッドへ加入したブルーノ・フェルナンデス、ボルシア・ドルトムントからビジャレアルへ加入したパコ・アルカセル等が上位にランクイン。

さて、そんなイギリスメディア「GIVE ME SPORT」発表の「欧州5大リーグで行われた1月の移籍ベスト15」は以下の通り!

15位→レイニエル・ジェズス(フラメンゴ→レアル・マドリード:U-23ブラジル代表FW)
14位→クリストフ・ピョンテク(ACミラン→ヘルタ・ベルリン:ポーランド代表FW)
13位→デヤン・クルゼフスキ(ウディネーゼ→ユベントス:スウェーデン代表MF)
12位→エセキエル・パラシオス(リーベル・プレート→レバークーゼン:アルゼンチン代表MF)
11位→ステーフェン・ベルフワイン(PSV→トッテナム:オランダ代表FW)
10位→エムレ・ジャン(ユベントス→ドルトムント:元ドイツ代表MF)
9位→クリスティアン・エリクセン(トッテナム→インテル:デンマーク代表MF)
8位→サンダー・ベルゲ(ヘンク→シェフィールド・ユナイテッド:ノルウェー代表FW)
7位→ディエゴ・デンメ(ライプツィヒ→ナポリ:ドイツ人MF)

6位→ブルーノ・ギマランイス(アトレチコ・パラナエンセ→リヨン:ブラジル人MF)
5位→南野拓実(ザルツブルク→リバプール:日本代表MF)
4位→ブルーノ・フェルナンデス(スポルティングCP→マンチェスター・ユナイテッド:ポルトガル代表MF)
3位→パコ・アルカセル(ドルトムント→ビジャレアル:スペイン代表FW)
2位→ダニ・オルモ(ディナモ・ザグレブ→RBライプツィヒ:スペイン代表MF)
1位→アーリング・ブラウト・ハーランド(ザルツブルク→ドルトムント:ノルウェー代表FW)

yama について

往年のイングランド・プレミアリーグの大ファンYAMAです!特に、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、レスター・シティ、トッテナム・ホットスパーの5チームがお気に入り!そんなイングランドサッカー大好きな僕が、プレミアリーグの最新のホットなニュースをおとどけ!プレミアリーグファンの人と一緒に盛り上げていきたいです!プレミアリーグ勢のチャンピオンズリーグの試合についても更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です