モウリーニョ

世界で最も高給取りの監督は?1位、2位ともにプレミア勢

推定年俸28億円のグアルディオラ

イギリスメディア「デイリー・ミラー」は、世界で最も高給取りの監督ランキングトップ10を公表した。

映えあるナンバーワンに輝いたのは、マンチェスター・シティを指揮するジョゼップ・グアルディオラだ。

グアルディオラは、2016年からマンチェスター・シティを指揮し、就任1年目こそタイトル獲得を逃したが、17-18シーズンにはプレミア史上初の「勝ち点100」で同クラブを4年ぶりのチャンピオンへと導いた。

さらには、昨シーズンはプレミアリーグを連覇するとともに、カラバオカップ、FAカップも制して史上初めて国内3冠達成を果たしている。

さて、「デイリー・ミラー」によると、そんなグアルディオラは推定年俸は2000万ポンド(約28億円)をマンチェスター・シティから受け取っており、世界で最も高給取りの監督なのだそうだ。

また、2位には現地時間20日にトッテナム・ホットスパーの監督に就任したばかりのジョゼ・モウリーニョがランクインしている。

3位には、1300万ポンド(約18億2300万円)でアトレティコ・マドリードを指揮するディエゴ・シメオネ、4位には推定年俸1150万ポンド(約16億1000万円)の元リバプール指揮官ラファエル・ベニテスがランクインした。

さて、そんな注目の「世界で最も高給取りの監督ランキングトップ10」は以下の通り!

1位 2000万ポンド(約28億円) ジョゼップ・グアルディオラ監督(マンチェスター・シティ)
2位 1500万ポンド(約21億円) ジョゼ・モウリーニョ監督(トットナム)
3位 1300万ポンド(約18億2300万円) ディエゴ・シメオネ監督(アトレチコ・マドリード)
4位 1150万ポンド(約16億1000万円) ラファエル・ベニテス監督(大連一方)
5位 1000万ポンド(約14億円) ファビオ・カンナバーロ監督(広州恒大)
5位 1000万ポンド(約14億円) ジネディーヌ・ジダン監督(レアル・マドリード)
7位 900万ポンド(約12億6000万円) アントニオ・コンテ監督(インテル)
8位 800万ポンド(約11億2200万円) トーマス・トゥヘル監督(PSG)
8位 800万ポンド(約11億2200万円) エルネスト・バルベルデ監督(バルセロナ)
10位 700万ポンド(約9億8200万円) ユルゲン・クロップ監督(リバプール)