リヴァプール

リヴァプール南野が今冬のベスト補強TOP20で堂々2位!イブラ超え

イブラヒモヴィッチより上位ランクインの南野

イギリスメディア『インデペンデント』は、欧州サッカーにおける「冬のベスト補強ランキングトップ20」を公表した。

同ランキングで、イングランド・プレミアリーグのリバプールに所属する日本代表MF南野拓実が堂々の2位にランクインした。

今冬の移籍市場でオーストリアのザルツブルクからリバプールに移籍した南野は、ロサンゼルス・ギャラクシーからミランに電撃復帰したズラタン・イブラヒモビッチよりも好位置にランクイン。

以下、『インデペンデント』の南野拓実に対するレポート。

「リバプールは今冬の移籍市場における“お買い得品”を手に入れた。ザルツブルクで最高クラスのプレーをしていたタクミミナミノをわずか900万ポンド(約12億6000万円)ほどで手に入れたのだ。彼は洗練された素晴らしい選手であり、クロップのシステムでも機能する。そして、さらなる成長も期待できる24歳だ」

ちなみに、同ランキング1位に輝いたのは、同じくザルツブルクから、ボルシア・ドルトムントへ移籍したノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ホーランドだ。

ホーランドは、デビュー戦となったブンデスリーガ第18節のアウクスブルク戦で、途中出場からハットトリックを達成し、自身のポテンシャルを世界中に見せつけた。

さて、そんな『インデペンデント』が発表した「冬のベスト補強ランキングトップ20」のトップ10は以下の通り!

1位:アーリング・ハーランド(ノルウェー代表/FW)
移籍金:1800万ポンド(約25億2000万円)
レッドブル・ザルツブルク→ドルトムント

2位:南野拓実(日本代表/FW)
移籍金:900万ポンド(約12億6000万円)
ザルツブルク→リバプール

3位:ドゥバン・サパタ(コロンビア代表/FW)
移籍金:1080万ポンド(約15億1200万円)
サンプドリア→アタランタ(買い取りオプションの行使)

4位:デヤン・クルゼフスキ(スウェーデン代表/MF)
移籍金:3150万ポンド(約44億1000万円)
アタランタ→ユベントス(※今シーズンはパルマにレンタル)

5位:ラウール・デ・トマス(スペイン国籍/FW)
移籍金:1800万ポンド(約25億2000万円)
ベンフィカ→エスパニョール

6位:スタニスラフ・ロボツカ(スロバキア代表/MF)
移籍金:1800万ポンド(約25億2000万円)
セルタ→ナポリ

7位:ズラタン・イブラヒモビッチ(元スウェーデン代表/FW)
フリートランスファー
ロサンゼルス・ギャラクシー→ミラン

8位:ユリアン・ヴァイグル(ドイツ代表/MF)
移籍金:1800万ポンド(約25億2000万円)
ドルトムント→ベンフィカ

9位:ジョアン・ペドロ(ブラジル代表/FW)
移籍金:360万ポンド(約5億400万円)
フルミネンセ→ワトフォード

10位:エセキエル・パラシオス(アルゼンチン代表/MF)
移籍金:1530万ポンド(約21億4200万円)
リーベル・プレート→レバークーゼン

リヴァプール加入の南野 クロップの期待値は絶大?

リヴァプールに加入決定の南野拓実

2019年末、日本サッカー界にとって史上最大と言っても良いサプライズニュースが飛び込んできた。そう、南野拓実のリヴァプール移籍報道だ。

UEFAチャンピオンズリーグ、FIFAクラブワールドカップを制覇し、世界一の名を手にしたリヴァプール。そんな目がクラブが、オーストリアリーグのザルツブルクでプレーする日本人選手に白羽の矢を立てたのはなぜか…?

リヴァプール地元メディア『Liverpool Echo』によれば、指揮官ユルゲン・クロップは「タクミミナミノに関して我々が知っているすべてが、我々にとてもうまくフィットする」と語っているほど。

以下、クロップの南野に対するコメント。

「まずなによりも、彼のフットボールのスキルだ。それに、狭いエリアでの決断力、スピード。ボールを奪い返すことにも意欲的だ。ザルツブルクは我々と似た哲学のチームだから、彼はそういうことに慣れているんだよ。長期的に彼が我々の助けになることは疑いない。それは明白だ。」

また、『Liverpool Echo』は2020年1月1日時点で正式にリヴァプールの一員となる南野だが、プレミアリーグのルール上で最短でのデビューは5日のエバートンとのFAカップとなることも伝えている。

リバプール メンバー

リヴァプールはそれまでにプレミアリーグの試合を3試合こなすことになるが、過密スケジュールが続く中、確実に南野に出番が回ってくることだろう。

プレミアリーグ得点王のモハメド・サラーとサディオ・マネ、そしてセレソンのエースロベルト・フィルミーノと世界で最も脂の乗った3トップと言えるリヴァプールのアタッカー陣。

ここに新戦力のアジア人が割って入ることは決して簡単なミッションではない。

かつては香川真司も指導したユルゲン・クロップの元で、確固たる地位を固めることが出来るだろうか…?

クロップ監督は、最後に「一緒に仕事するのが待ち遠しい。それに、彼がどこでフィットするかを考えるための時間が少し与えられていることは、とてもいいことだ」と締めくくった。

FAカップ3回戦でいきなりマージーサイド・ダービー実現!

三回戦から注目カード目白押しのFAカップ

現地時間2日、FAカップ3回戦組み合わせ抽選会が行われた。

ここからは、いよいよプレミアリーグ勢の20クラブが参戦。

なんと、いきなりリバプールとエバートンによる、マージーサイド・ダービーが実現した。

また、マンチェスター・ユナイテッドが近年苦手としているウォルバーハンプトンを引き当てた。

その他、ディフェンディングチャンピオンのマンチェスター・シティはイングランド4部にあたるフットボールリーグ2のポート・ヴェイルと対戦する。

トッテナム・ホットスパー、チェルシー、アーセナルのロンドン勢は、いずれもチャンピオん湿布のクラブを引き当てた。

また、吉田麻也を擁するサウサンプトンがハダースフィールド(2部)と武藤嘉紀を擁するニューカッスルがロッチデール(3部)、ボストン・ユナイテッド(6部)の勝者とそれぞれ激突。

そんなFAカップ3回戦の日程は2020年1月第1週の週末に開催予定だ。

FAカップ3回戦の全対戦カードは以下の通り!

リバプール対エバートン
ウォルバーハンプトン対マンチェスター・ユナイテッド

チェルシー対ノッティンガム・フォレスト(2)
アーセナル対リーズ・ユナイテッド(2)
ミドルズブラ(2)対トッテナム
マンチェスター・シティ対ポート・ヴェイル(4)

サウサンプトン対ハダースフィールド(2)
ロッチデール(3)orボストン・シティ(6)対ニューカッスル
レスター・シティ対ウィガン(2)
フルアム(2)対アストン・ビラ
シェフィールド・ユナイテッド対フィルド(5)
プレストン(2)対ノリッジ

ボーンマス対ルートン・タウン(2)
ブライトン対シェフィールド・ウェンズデイ(2)
ワトフォード対トレンメア・ローヴァーズ(3)
クリスタル・パレス対ダービー・カウンティ(2)
ジリンガム(3)対ウェストハム
バーンリー対ピーターボロ(3)

QPR(2)対スウォンジー(2)
チャールトン(2)対WBA(2)
ブリストル・シティ(2)対シュールズベリー(2)
レディング(2)対ブラックプール(3)
ミルウォール(2)対ニューポート・カウンティ(4)

ブレントフォード(2)対ストーク・シティ(2)
フリートウッド・タウン(3)対ポーツマス(3)
バートン(3)対ノーサンプトン(4)
バーミンガム(2)対ブラックバーン(2)
ロザラム(3)対ハル・シティ(2)

ブリストル・ローヴァーズ(3)orプリマス(4)対コヴェントリー(3)orイプスウィッチ(3)
イーストリー(5)orクルー・アレクサンドラ(4)対バーンズリー(2)
カーディフ(2)対フォレスト・グリーン(4)orカーライル(4)
オックスフォード(3)対エクセター・シティ(4)orハートプール(5)

バロンドール候補者30名のうち半分がプレミア勢!?

プレミアリーグから最多15名選出!

今年のバロンドール候補者には、例年に増してプレミアリーグ在籍選手の選出が目立っている。

フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が2019年度のバロンドール最終ノミネート者30名を発表した。

まず、昨シーズンのチャンピオンズリーグ覇者リヴァプール。

なんと、フィルジル・ファン・ダイク、ロベルト・フィルミーノ、アリソン、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、トレント=アレクサンダー・アーノルド、サディオ・マネ、モハメド・サラーと最多7名が候補に名を連ねた。

また、プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティからもケビン・デ・ブライネ、ラヒム・スターリングをはじめ5名が選出。

その他、昨季チャンピオンズリーグのファイナリストであるトッテナム・ホットスパーからソン・フンミン、ウーゴ・ロリスの2名、アーセナルからプレミア得点王のピエール=エメリク・オーバメヤンが選出された。

そんな2019年度のバロンドール最終ノミネート者30名一覧は以下の通り!

【リバプール】
フィルジル・ファン・ダイク、ロベルト・フィルミーノ、アリソン、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、トレント=アレクサンダー・アーノルド、サディオ・マネ、モハメド・サラー

【マンチェスター・シティ】
ケビン・デ・ブライネ、リヤド・マフレズ、ベルナルド・シウバ、セルヒオ・アグエロ、ラヒーム・スターリング

【バルセロナ】
リオネル・メッシ、アントワーヌ・グリーズマン、マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン、フレンキー・デヨング

【レアル・マドリード】
カリム・ベンゼマ、エデン・アザール

【トットナム】
ソン・フンミン、ウーゴ・ロリス

【アヤックス】
ドニー・ファン・デ・ベーク、ドゥサン・タディッチ

【ユベントス】
クリスティアーノ・ロナウド、マタイス・デ・リフト

【パリ・サンジェルマン】
キリアン・ムバッペ、マルキーニョス

【アトレチコ・マドリード】
ジョアン・フェリックス

【ナポリ】
カリドゥ・クリバリ

【バイエルン・ミュンヘン】
ロベルト・レバンドフスキ

【アーセナル】
ピエール=エメリク・オーバメヤン

カラバオ・カップ4回戦でビッグマッチが2つ実現!吉田の対戦相手は?

ユナイテッド対チェルシー実現!

現地時間25日、イングランド・カラバオ・カップ(フットボールリーグ・カップ)第4回戦の組み合わせ抽選が開催され、全対戦カードが決まった。

ディフェンディングチャンピオンのマンチェスター・シティは、吉田麻也が所属するサウザンプトンとの対戦が決定。

マンチェスター・シティとしては、相変わらずのくじ運の強さを発揮したといって差し支えないだろう。昨シーズンも、FAカップ合わせてくじ運に恵まれながら順当に決勝戦まで勝ち進んだ印象だ。

昨シーズン、そのマンチェスター・シティと決勝戦で凌ぎを削りあったチェルシーは、マンチェスター・ユナイテッドと激突することに。

また、現在全勝でプレミアリーグ首位に立つリヴァプールは、アーセナルと対戦することとなった。

まだ4回戦という段階ながら、ビッグマッチが2つも実現したカラバオ・カップ。また、吉田麻也がマンチェスター・シティと対峙する姿も見逃せない!

ちなみに、3回戦でPK戦の末にトッテナム・ホットスパー相手にジャイアントキリングを起こしたコルチェスター・ユナイテッド(4部)は、同じく4部のクローリー・タウンと対戦することが決定した。

これにより、4部チームが8強に勝ち進むことが確実となった。

さて、そんなカラバオ・カップ4回戦の組み合わせは以下の通り!なお、4回戦は10月28日に開催予定となっている。

▼カラバオ・カップ4回戦組み合わせ
エヴァートン対ワトフォード
マンチェスター・C対サウサンプトン
クローリー・タウン(4部)対コルチェスター・ユナイテッド(4部)
オックスフォード・ユナイテッド(3部)対サンダーランド(3部)
アストン・ヴィラ対ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ
バートン・アルビオン(3部)対レスター
チェルシー対マンチェスター・U
リヴァプール対アーセナル

リヴァプールがCL登録メンバー発表!意外な選手がA登録から外れる?

アーノルドはB登録に

現地時間4日、リヴァプールはチャンピオンズリーグの登録メンバーをヨーロッパサッカー連盟に提出。同時に、クラブの公式ホームページでメンバーリストを公表した。

モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノの三銃士のほか、ジョーダン・ヘンダーソン、ジョルジ・ワイナルドゥム、バジル・ファン・ダイクなど主力メンバーが順当に選出された。

また、プレミアリーグ開幕戦のノリッジ・シティ戦で負傷した守護神アリソン・ベッカーもメンバー入りを果たしている。

また、一時移籍の噂が報じられたアレックス・オックスレイド=チェンバレンや、インターナショナルマッチウィークでのスイス代表招集を拒否したシェルダン・シャキリといった選手もAリスト入り。

一方で、トレント・アレクサンダー=アーノルドとリアン・ブリュースターはカオイムヒン・ケレハー等とともにBリストに登録された。

そんなリヴァプールのチャンピオンズリーグ招集メンバーは以下の通り!

・Aリスト
▽GK
アリソン
アドリアン
アンディ・ロナーガン
▽DF
ジョー・ゴメス
デヤン・ロブレン
ジョエル・マティプ
アンドリュー・ロバートソン
セップ・ファン・デン・ベルフ
フィルジル・ファン・ダイク
▽MF
ハーヴェイ・エリオット
ジョーダン・ヘンダーソン
ナビ・ケイタ
アダム・ララーナ
ジェームス・ミルナー
アレックス・オックスレイド=チェンバレン
ジェルダン・シャキリ
ファビーニョ
ジョルジニオ・ワイナルドゥム
▽FW
ロベルト・フィルミーノ
モハメド・サラー
サディオ・マネ
ディボック・オリギ

・Bリスト
トレント・アレクサンダー=アーノルド
リアン・ブリュースター
カーティス・ジョーンズ
ハービー・カネ
カオイムヒン・ケレハー
ヤセル・ラローチ
アダム・ルイス