南野拓実

南野拓実の推定価値はリヴァプール所属選手の中で何番目?

南野拓実の推定価値は?

ドイツの移籍情報専門サイト「transfermarkt」が恒例の推定市場価格を更新したが、新加入南野の市場価値はリヴァプールのチーム内で何番目なのだろうか?

今シーズンのチャンピオンズリーググループステージでリヴァプール相手にアンフィールドで大活躍し、ユルゲン・クロップ監督にリヴァプールに引き抜かれた南野拓実。

明日未明に来なわれるFAカップ3回戦エバートン戦でデビューすることが濃厚となっているが、そんな南野の「transfermarkt」における推定市場価値を見てみよう。

南野の市場価値は、ズバリ1250万ユーロ(約15億円)。これは、リヴァプール所属選手の中で18番目の数値となった。

そのひとつ上には、南野と同い年でスーパーサブとして活躍するベルギー代表FWディボック・オリギ(2000万ユーロ/約24億円)、一つ下には大ベテランで元イングランド代表MFジェームズ・ミルナー(1200万ユーロ/約14億円)がランクイン。

リバプール メンバー

まだオースリアリーグから加入したばかりの日本人選手ということで、推定市場価値はさほど高くない。今後の活躍次第で、一気に数値を上げる可能性も…?

これからのリヴァプールでのプレーが楽しみで仕方がない!

ちなみに、リバプールの全24選手の中でトップに君臨するのはセネガル代表FWサディオ・マネとエジプト代表FWモハメド・サラーの昨季プレミアリーグ得点王コンビだ。

両者は、1億5000万ユーロ/約181億円という破格の数値がついている。

2位は、若手ながらベテランの風格あるイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルド(1億1000万ユーロ/約133億円)。

3位は、オランダ代表キャプテンのDFフィルジル・ファン・ダイク(1億ユーロ/約121億円)と続いた。

リヴァプール加入の南野 クロップの期待値は絶大?

リヴァプールに加入決定の南野拓実

2019年末、日本サッカー界にとって史上最大と言っても良いサプライズニュースが飛び込んできた。そう、南野拓実のリヴァプール移籍報道だ。

UEFAチャンピオンズリーグ、FIFAクラブワールドカップを制覇し、世界一の名を手にしたリヴァプール。そんな目がクラブが、オーストリアリーグのザルツブルクでプレーする日本人選手に白羽の矢を立てたのはなぜか…?

リヴァプール地元メディア『Liverpool Echo』によれば、指揮官ユルゲン・クロップは「タクミミナミノに関して我々が知っているすべてが、我々にとてもうまくフィットする」と語っているほど。

以下、クロップの南野に対するコメント。

「まずなによりも、彼のフットボールのスキルだ。それに、狭いエリアでの決断力、スピード。ボールを奪い返すことにも意欲的だ。ザルツブルクは我々と似た哲学のチームだから、彼はそういうことに慣れているんだよ。長期的に彼が我々の助けになることは疑いない。それは明白だ。」

また、『Liverpool Echo』は2020年1月1日時点で正式にリヴァプールの一員となる南野だが、プレミアリーグのルール上で最短でのデビューは5日のエバートンとのFAカップとなることも伝えている。

リバプール メンバー

リヴァプールはそれまでにプレミアリーグの試合を3試合こなすことになるが、過密スケジュールが続く中、確実に南野に出番が回ってくることだろう。

プレミアリーグ得点王のモハメド・サラーとサディオ・マネ、そしてセレソンのエースロベルト・フィルミーノと世界で最も脂の乗った3トップと言えるリヴァプールのアタッカー陣。

ここに新戦力のアジア人が割って入ることは決して簡単なミッションではない。

かつては香川真司も指導したユルゲン・クロップの元で、確固たる地位を固めることが出来るだろうか…?

クロップ監督は、最後に「一緒に仕事するのが待ち遠しい。それに、彼がどこでフィットするかを考えるための時間が少し与えられていることは、とてもいいことだ」と締めくくった。